クラッチカバーシムキット
クラッチカバーのセット位置を調整する為のキットです。
プレート3枚と位置決めピン2本(ロング)のセット
プレート厚みに0.5、1.0、1.5mmの3種類有ります。
1セット ¥3200 税別
(各サイズ共通価格)

作業手順
フライホイールからノックピン(位置決めピン)を外し
ロングタイプのノックピンを打ち込み
調整プレートをはめて組み直せば完了です。
最適アライメント計測も承っております。
下記はその計測内容です。
測定機材の準備
フライホイールの懐長を測定
(クラッチカバー取付面〜ディスク面)

仮に23mmとします。
クラッチディスク厚み計測
(クッションプレートを押しつぶした状態で)

仮に7mmとします。
クラッチカバーの下に専用台座を敷き
クラッチカバーをセット。
荷重計をセットして
プレスにて加圧。
最大荷重に達する箇所で加圧を止め
(ディスクが減った時を考慮し最大荷重より少々先で)
フライホイール取付面〜ディスク間距離の測定

仮に17mmとします。
フライホイール懐長 23mm
ディスク厚み 7mm
クラッチカバー最大荷重時のカバー長 17mm
17mm−(23mm−7mm)=+1.0mmとなり

1.0mmのプレートを取り付ける事でカバーを最適な状態で組み込む事が出来ます。

お気軽にご用命ください。